スポーツトレーナーとして活躍している先輩にお話を聞きました!

※柔道整復師としてスポーツトレーナーの仕事をしている方です。

スポーツトレーナーとして
活躍している先輩にお話を聞きました!

※柔道整復師としてスポーツトレーナーの仕事をしている方です。

01.

01.

にしざわ接骨院 UgoKL takasaki
瀬下 良二さん

東洋医学専門学校 2017年卒業
(現:中央スポーツ医療専門学校)

にしざわ接骨院 UgoKL takasaki
瀬下 良二さん

東洋医学専門学校 2017年卒業
(現:中央スポーツ医療専門学校)

クライアント様自身が、身体の変化に気づかれた時が一番のやりがいです。

クライアント様自身が、身体の変化に気づかれた時が一番のやりがいです。

 私が、クライアント様の身体の変化に気づくだけではなく、クライアント様自身に身体の変化を気づいていただいた時、やりがいを感じます。身体の痛みがない場合でも「歩きやすさ」や「しゃがみやすさ」、「以前より早く・強く」等、それぞれの人が目指している理想の姿があると思います。理想の姿に近づけるように専門家としてサポートをしたいと考えています。また、クライアント様の中には、スポーツの大会で表彰される方がいらっしゃいます。トロフィーや賞状を持ってきてくださったり、翌日の新聞の記事等で見つけたりした時、本人と同じくらい嬉しい気持ちになります。

 この仕事を目指した理由は、学生時代のスポーツ経験から、選手の夢のお手伝いができるようになりたいと考えたからです。昔は、現在のように情報が豊富ではなく、ひたすらトレーニングを継続することしかできませんでした。その結果、大会の直前で怪我をしてしまい、試合に出れないことが多くありました。現代は情報が溢れ、選択に悩む選手も多く私の時代と異なる悩みがあると思います。そのため、私が正しいと思うメソッドをまとめ、多くの選手の夢のお手伝いがしたいと思いました。

 現在、接骨院での仕事の他に、プロサッカーチームのアカデミーでトレーナー活動をしています。個人的にトップチームの選手に携わることもありますが、いずれチームに帯同したいと考えています。 常に努力を継続して、「目標を実現した姿」をイメージし、いつ舞い降りるか分からないチャンスにいつでも飛び込めるように準備をしています。

 今後、この仕事を目指す方に伝えたいことは、目標に対して逆算して行動することの大切さです。「いつ試験があるのか」、「いつ国家試験があるのか」等、ゴールをきちんと把握することで、いつまでに何をすべきか明確になり目標達成を最短でできると思います。